ホーム会社情報 > 健康経営宣言

会社情報

会社情報

女性活躍推進法に基づく行動計画

株式会社ミクニ 行動計画

弊社では、地球的視野に立ち、人と技術を活かし豊かな社会作りに貢献することが、
企業の継続的な発展に必要であると考えています。
国籍・性別問わず、「生きがいのある企業」を目指し、
公正な評価、社員のスキルアップや能力開発支援に取り組んでおり、
管理職に占める女性労働者の割合は、2.2%を占めています。
今後も継続して、女性の活躍を推進していく為、次の通り行動計画を策定致します。

  • 1計画期間

    2016年4月1日~2021年3月31日までの5年間

  • 2当社の課題

    現在、管理職に占める女性比率は業界平均値を上回っている状況であるが、今後、更に管理職比率を高めていく為には、次の管理職候補となる女性総合職の母数を増やすことが必要である。(2016年3月末時点総合職女性比率:5.1%)

  • 3目標

    2021年までに総合職の女性社員比率を、8%へ引き上げる。

  • 4取り組み内容と実施時期
(1)女性総合職の採用強化

女性総合職の採用強化 ◆継続施策
・インターンシップにおける女子学生の積極受け入れ
・採用情報媒体にて、活躍する女性社員(営業、エンジニア等)を取り上げ、学生向けに情報発信する。また、会社説明会等で、先輩社員として経験を語る機会を増やす。

(2)キャリア形成支援

キャリア形成支援 ◆継続施策
・社員へのインタビュー、アンケートの実施
女性活躍推進に関する社内の意識調査を実施し、収集した情報を今後の取り組み内容に反映させていく。
・女性活躍推進に関する講演会、懇談会の実施
女性役員による女性の活躍をテーマにした講演会の実施(2015年度~)
◆新規施策 2016年4月~
・男女双方に対する「キャリアを考える研修」の検討・実施
・管理・監督者研修に、「ダイバーシティ研修」の内容を組み入れることの検討・実施

(3)両立支援

両立支援 ◆継続施策
・カムバック制度による再雇用(2015年度~)
育児介護等の離職者を含め、優秀な元正規社員を正規社員として再雇用する。
◆新規施策 2016年4月~
・配偶者が出産した社員とその上司への育児休業に関する制度説明を実施する
・育児休業取得者に対し、休業中の社内情報発信を充実していく

次世代育成支援対策推進法に基づく行動計画

詳細はこちら

ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(牽引型)女性研究者研究活動支援事業への参画

2016年度より代表機関を岩手大学とし、「弘前大学」「八戸工業高等専門学校」「一関工業高等専門学校」「農研機構東北農業研究センター」「ミクニ」を共同実施機関とする文部科学省科学技術人材育成費補助事業「ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(牽引型)」(事業期間:2016年度~2021年度)に選定されました。北東北全体を女性研究者が能力を発揮できる地域として創生する事で、研究者・上位職を志す優秀な女性応募者が増加する循環の確立を目標としており、ダイバーシティ研究環境整備や女性研究者の研究力向上とそれを通じたリーダー育成、女性研究者の上位職への積極登用等、様々な取組みを実施しています。

ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(牽引型)