株式会社ミクニ

ESG INFORMATIONESG情報

労働安全衛生

● ミクニでは「 ″安全文化の醸成” は事業運営の基盤であり、全てに優先する」と位置付けています。
● 労働安全衛生活動を着実に進めていく事をミクニグループ共通の指針としています。
● 活動の適切性・妥当性・有効性を確かなものにさせていく事を目的に、労働安全衛生マネジメントシステム(ISO45001) の認証取得を進めています。2021年3月には菊川事業所と盛岡事業所が取得。グループ会社でも計画的に活動を進めており、MID( インド)、MIT( タイ)、成都三国( 中国) が取得済です。

安全基本理念

働く人ひとりひとりが ″安全・衛生と健康を追求″ し、人が活かされた職場の中で、お客様に信頼されるよりよい″ものづくり″を提供します。

安全衛生方針

私たちは、安全基本理念に基づき、以下に定める安全衛生方針に従い、安全で健康な事業運営の発展に取り組みます。

リスクマネジメント
起こり得るリスクに対し、それを ″除去または低減″ し、労働災害ゼロを目指します。
法令等の順守
安全衛生に関する諸法令を順守します。
目標管理の活用
目標管理の仕組みを通じて、パフォーマンスを 評価し、結果や成果を可視化します。
仕組みの継続的な改善
5S の徹底、設備や作業方法の継続的な改善に努め、安全で衛生的な職場環境を構築します。
全員参加の枠組みの確立
効果的なコミュニケーションを通じて、働く人たちの意見を意思決定へ反映させます。

※下線: 関連会社・外部委託等を含める